手間がかからないクレンジングを比較する

手間がかからないクレンジング剤を比較すると、オイルやジェルタイプが筆頭に上げられます。この2種類のクレンジングは、比較的メイクと馴染みやすく、肌をこすりすぎて傷めることもありません。顔に広げるように伸ばすだけで、メイクを皮膚から浮かせられます。
馴染ませた後にティッシュオフの必要ない場合がありますし、ダブル洗顔せずに済むこともあります。

濡れた状態でも使える物もあり、入浴の際にメイク落としができるため、時間の短縮にもなるでしょう。
特に、小さい子供のいる女性に好まれています。
クレンジングオイルは、比較的濃いめのメイクをする方に向いています。

クレンジングの比較について調べるなら、こちらをご覧ください。

ウォータープルーフなどの水に強く落ちにくいタイプや、角質を染めるティントタイプのポイントメイクをしている場合でも落としやすいでしょう。ただ、洗浄力が強い分、肌の弱い方には負担となることもあります。

心配な方は敏感肌向けの化粧品を出ているブランドやメーカーのオイルを選ぶようにしてください。


ジェルについては、オイルほどメイクを落とす力が強くないので、あまり濃いメイクをしない方に向いています。



また、さっぱりとしているので、脂浮きしやすい肌の方でもさっぱりとした仕上がりになるでしょう。

まつげにエクステを付けている方でも、そのままメイク落としできる物も多いです。

毛穴に溜まった皮脂汚れも落としやすくする物もあります。


比較的手間がかからない、コットンに浸して拭き取るリキッドクレンジングも人気ですが、ポイントメイクをしている状態では、落とすために、肌をこすりすぎて負担をかけてしまうこともあります。


先にポイントメイクだけ専用のポイントメイククレンジングで落としておくか、BBクリームにおしろいを叩いた時に使うようにするといいでしょう。